前のページへ

2017年08月02日

私、不妊かも!?不安を解消してくれた検査と自分を知る事の大切さ

妊娠したい!でもできない。私は結婚してから6年後初めて妊娠しました。結婚当初はまだまだ子どもなんて...。と思っていましたが、月日を追うごとに周りからのプレッシャーや、自分の年齢、気にするほどに赤ちゃんはやってきてくれなくて。そんな私の妊活ライフは...。

いつの間にか【不妊の人】扱い

私が結婚したのは28歳の時。まだ子どもはいらないなあと夫とも相談の上、選択子ナシ生活を満喫していました。

私は夫との恋愛期間が短く、付き合ってからすぐ結婚したのでまだまだ恋人気分に浸っていたいというのが一番の理由だったのですが周りはそうは思ってくれず...。

結婚3年目になる頃には親や親戚一同から不妊の人というレッテルを貼られ、腫れもののような扱いをされるまでに。

私たち自身が子どものいない生活を選択をしていたので、【不妊の人】と周りから言われようがでそれほど気にはしていなかったものの、さすがにいい気はしませんでした。

子どもができるって当たり前のことではない

画像

33歳になった時、そろそろ子ども作りますかと妊活に入ったのですが、まあビックリするくらい妊娠しない!

毎月妊娠検査薬を握りしめ、ドキドキしてがっかりするを繰り返すこと6ヵ月。

あれ?こんなに妊娠ってしないものなの?

周りが陰でささやいていた「不妊」の2文字が頭によぎります。その時初めてクリニックにお世話になり、いろんなことを聞いた私。

「【不妊】というのは1年以上妊活をしているにも関わらずできないことを言うのであって、あなたはまだ6ヵ月でしょう?不妊と判断するのはまだ早い。妊娠は妊活したらすぐできるものではありません。あなたが当たり前と思っていることすべてが奇跡なんです。」

この時の先生の言葉は私にとても衝撃を与えました。

不妊は女性だけの問題じゃない

不妊と決まったわけではないとしながらも、心配ならば1度検査してみるのいいんじゃない?と言われ検査を行うことに。

その時に「旦那さんも一緒にね」と言われてびっくりした私。不妊といったら女性が原因、そんな風に周りは思っているし、私も何となくそう思っていました。

「不妊の心配を払拭したいなら男女共に検査する事が重要。今の段階では男女共、不妊の専門機関に行く事はない、普通の産婦人科で簡単に調べることができるよ」

この先生の言葉。本当に目からウロコでした。

「ストレスの多いこの時代、誰もが不妊になり得る。何も特別な事ではない。だからいち早く自分の体を知る事がとても大切。妊娠はいつでもだれでもできるものじゃない。人それぞれに期限が決まっていて、それを過ぎると極端に妊娠の可能性が低くなるのも事実だから」

この言葉を聞いて夫も納得。検査にも協力的だったのでお互いの体が妊娠に適しているのかをしっかりと調べてもらいました。

不妊検査で分かる意外な!?事実

自分の体を知るって面白い。私の検査の感想です。検査をして悪い診断でもそう言えるの?そんな声も聞こえてきそうですが、私の答えは迷わずYes。

自分の体をちゃんと知る事ができたら、そこからいろんな選択肢が生まれるからです。

自分たちの体を知らないまま「妊娠できないんじゃないか」と悩んで暮らす日々は私にとって、とても長く、辛く感じたことを覚えています。

私は基礎体温もしっかりしていて排卵もしているし、卵子の大きさ、子宮内膜の厚さも申し分ないという事で、基礎検査のみ。

夫の精液検査では精子の質を調べます。精子には4種類あり
1.高速で前進する精子
2.ゆっくりと前進する精子
3.動きはあるが前進しない精子
4.動かない精子

このうち1と2を合わせて50%を越えると不妊ではないとお墨付きをもらえます。そうでない場合、もうワンランク上の検査に進むよう。

夫は1の高速で移動する精子は0%でしたが、2のゆっくりと前進する精子が68%で、不妊ではないと診断されました。

夫は何をするにも慎重派。まさか精子まで!?と意外な事実まで分かり2人で笑ってしまいました。

周りも自分も焦らない事が大切

その後妊活を経て妊娠、そして無事出産。2人もの宝物と出会えました。

「自分の体を深く知ることが一番大切」そんな当たり前のことに気がついた私の妊活ライフ。

そしてできることなら周りは本人たちのタイミングを見守ってあげてほしいな。

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

関連タグ

関連記事

おすすめ記事

妊娠中はそっとして!周りに言われて嫌だった10コのこと

ライターアイコン友田かおり

2017年05月02日

初めての妊娠で早期流産。私がとった、悲しみと向き合うための方法とは?

ライターアイコン友田かおり

2017年05月20日

母親世代の過干渉!うんざりしたらこの方法を試してみて♪

ライターアイコンなつ

2017年05月21日

親子の時間がもっと楽しくなった♪そのワケは…?[PR]

ライターアイコンMoopen編集部

2017年07月24日

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう