2017年11月18日

普通分娩帝王切開どっちがキツイ?費用や切開後のことなどフルコース出産した私が思うこと

陣痛の痛み、帝王切開の痛み。痛みの種類は違えど出産の苦しさは同じです。でもまさか自分がどちらも体験するなんて!?緊急帝王切開になった私の、切開後の痛みや麻酔が覚めた後のトラブルについてもお話したいと思います。

満月の晩には注意して

画像

出産の予定が後2週間後に迫っていた頃、子宮口は全く開いていなかった私。

出産予定の近い妊婦仲間は、子宮口は2~3cm開いている人が多かったので、私の赤ちゃんは一番遅く生まれてくるもんだと思い込んでいました。

「満月の夜は生まれてくる赤ちゃんが多いらしい」そんな話を妊婦仲間たちとLINEで話したりして。

その満月の日も「誰かの赤ちゃんはこの日に生まれるかも。まあ、予定日2週間前だし、子宮口が1mmも開いてない私はないだろうけど」なんて思いながらまったり。

翌朝、夫を会社に送り出し一休みしようと横になった時、何か濡れているような感覚が...?

確認してみると赤いような透明なような液体が...!?満月の日の翌朝、まさかの破水から私の出産は始まったのです。

自然分娩できない場合帝王切開に切り替える!

産院に到着した私。いきなりの破水に混乱しながら受けた説明で理解できたことは1つ。
「破水しているので24時間後に自然分娩できない場合、帝王切開に切り替える」

帝王切開手術など全く予想していなかった私はさらに焦りと混乱が。でも先生が「あと何時間後には陣痛も来るだろうし、大丈夫。」と言ってくれたので少し落ち着くことができました。

そして夫に連絡。「破水しているから24時間以内に出産できないと帝王切開になるらしい。陣痛が来たらまた連絡するのでいつでも会社を出られる準備はしておいて」と伝えました。

その日の夕方陣痛が始まる

陣痛を待ちながら午前中はゆっくり過ごした私。夕方あたりから少しずつ陣痛らしき痛みが。規則正しく来る痛みの波にどんどん緊張が高まっていきます。

でも子宮口を確認しに来る助産師さんは「開くどころか降りてもきてない。子宮口を触る事も出来ない。」と言うのです。

「破水しているので24時間過ぎると帝王切開手術」

この言葉が現実味を帯びてくるのを感じていました。

翌朝になっても子宮口は開かず

翌朝も子宮口は開かず。でも陣痛の痛みの感覚はどんどん狭くなり波も大きく。助産師さんの判断で分娩準備室へ。この時夫にも連絡。

このまま子宮口が開かないようなら帝王切開へ...との判断がされかけた頃にどんどん子宮口が開きだしあっという間に5cmに。

「これなら自然分娩できるね、あと少し頑張れ」と医師から言われました。

でも出産は、まだまだこれからだったのです。

◆人気記事◆
『産後〜退院までの過ごし方』帝王切開後は激痛と赤ちゃんのお世話が同時進行!

8時間の本陣痛!でも子宮口はこれ以上開かない

本陣痛が始まらず、7cm以降子宮口は開く気配を見せません。陣痛促進剤を投与した後、夫曰く私は陣痛の波が収まるたび眠りにつき、痛みの波が来るとうめき声と共に起きるというのを1分間隔で8時間も過ごしていたそうです。

当の私はその時の記憶がありません。

「開くと思ったけど、陣痛間隔あいてきちゃってるね。破水もしてるし、24時間もとっくに過ぎてるし(赤ちゃんは元気だったのでそのまま続けていたようです。)もう、切っちゃうか。」

この一言で私は緊急帝王切開に。

隣で私の状況をずっと見ていた夫は、何でもいいから早く楽にしてあげてほしいと思ったそうです。

麻酔から覚めてのさらなる激痛

手術が終わり、麻酔でまだもうろうとしながらも目を覚ますと、そこには夫の姿が。
「赤ちゃんは元気な男の子。本当にお疲れ様。」

ほっとしたのもつかの間、翌日には帝王切開後の痛みのまま起き上がり歩行訓練が。

まず痛すぎて起き上がれない!!

「痛すぎるようなら痛み止め(有料)ありますから。」と言ってもらい少し安心。

実はキツかったのが咳やくしゃみです。病院内は乾燥していて咳が止まりません。そのたびの激痛で、体力がどんどん削られていきました。

その後も傷がうずいたり、かゆみがでたりといった地味なダメージが続きました。

気になる緊急帝王切開の費用

この出産で、通常分娩の予定が緊急帝王切開手術をすることになったわけですが、その費用についても触れておきます。

通常分娩の場合は、出産費用の総額は病院や地域によってまちまちですが、45〜60万円がかかります。しかし、帝王切開をするする場合は、出産費用と別に医療行為としての診療報酬がかかってきます。

帝王切開手術の診療報酬は、法律で決められています。

緊急帝王切開 22,200点
選択帝王切開 20,140点

金額にして、約22万円です!しかし、医療行為なので保険適用されます。帝王切開手術費用は3割のみ負担すればOKです。

また、民間の医療保険に加入していれば、帝王切開は出産でも医療行為を伴う入院なので、給付金が支給されます。

入院日額5,000円支払われる保険だとしたら、入院10日で5万円もらえることになります。なお、出産一時金(約42万円)は帝王切開でも当然支給されるので、トータルで黒字になる方もいますよ。

フルコース出産を終えて思うこと

画像

あの時は何だか大変だった気がしますが、過ぎてみれば意外と痛みも忘れるもの。普通分娩予定の方も帝王切開予定の方も、過度な不安は禁物です。

周りで普通分娩と帝王切開、どちらがキツイ?なんて話を聞くたび「どっちでも命をかけて産んでんだ、優劣なんてないぜ!」と思う私なのでした。

◆関連記事◆
帝王切開の産後は壮絶?産みの苦しみは後からやってくる…想像とかけ離れた1日目

子育てサイトモープンをフォローする

  • Line
  • Fb

関連タグ

関連記事