前のページへ

2017年12月11日

【シンガポールde子育て中 #2】当たり前なメイド文化!その1

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、海外にはメイドを雇って家事手伝い等を行ってもらう文化があります。シンガポールも例外ではなく、タワーマンションにはメイド部屋がついているほどお馴染みです。そんなみんな気になるメイド文化について小野さんに聞いてみました!

子供をメイドに預けて海外旅行!?

シンガポールではメイド文化が根付いていて、家事や育児をメイドにまかせている家庭も多くあるんだそう。

「中にはメイドさんに子供を預けて、記念日等に夫婦で旅行を楽しむ人もいます」と小野さん。

日本だとお金があっても、『他人に育児を任せるなんて怠けてるのでは?』などと思われがちなため、ベビーシッターですらなかなか浸透しませんが、まさか海外ではここまでいっていたんですね!

恐るべしっ!

最初は躊躇していた小野さんも、二人目の出産を期にメイドさんを雇うことにしたそうです。。

きっかけは保育料との比較

お子様が2人いる小野さん一家。2人とも保育園に預けるとなると、保育料がなんと1ヶ月で30万円ほどかかってしまう計算に… 

「シンガポールの場合、18ヶ月までの赤ちゃんの保育料が特に高いため、住み込みメイドさんを雇った方がリーズナブルです。

給与、雇用税、食費、保険など含めて月々10万円程で雇えます。

その上、育児に加えて、家事も行ってもらえるので、色々な面で助かるねと夫と話し合い、情報収集をはじめました」

メイドさんの探し方

既にメイドを雇っているご友人に話を伺いに行ったり、実際に働きぶりを見たりしながら、自分たちにはどんなメイドさんがよいだろうか?とご夫婦で考えて行かれたそう。

「ただ、紹介会社よりも、友人や信頼できるメイドさんからの紹介の方が確かだなと思って、知人に色々とお願いしました。

具体的にいうと、今雇っているメイドさんで契約満了になる場合、急遽日本帰国のためメイドさんの次の雇用主を探している場合、また、信頼できるメイドさん伝いのお友達などいないか声をかけました」

そうしていくうちに、初めてのメイドさんと出会うことになります。

次回はその様子を詳しくレポートします!

シンガポールde子育て#1はこちら♡

小野麻紀子さんプロフィール

2010年、旦那様のシンガポール転職を機に移住。2人娘のワーママ。人材紹介会社で働いていた間、12週間と短い産休のシンガポールで2回の職場復帰を経験。

妊娠時に出産や、預け先の情報が少なく不安な思いをした経験をする。2013年より、日本人ワーママのための「はたらくママ@シンガポール」を発足。

現在は300名のメンバーと30名のボランティアで、シンガポールで楽しく働き、子育てするためのイベント・ウェブサイト運営をしている。

キャリアコンサルタントとこのコミュニティの運営で、女性が結婚や出産を機にキャリアに悩むことを実感し、キャリアデザインコーチとして独立準備中。

キャリアデザインコーチ /「はたらくママ@シンガポール」コミュニティ代表

小野さんのブログはこちら♡

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

関連タグ

関連記事

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ(無料)

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

新着育フォト新着育フォト

2歳半のお姉ちゃん、弟の世話をするのが楽しいみたい☺️☺️ 弟は大迷惑という😓😓💦

ライターアイコンgp1rJGl6aM

2018年01月18日

ベビーサークルに味をかけたまま寝る娘 寝相がいいのか悪いのか、、

ライターアイコンnyannchann

2018年01月18日

お正月といえば凧上げ!🐙 今年も家族みんな元気に過ごせますよーに🙏✨

ライターアイコンtakotakosu

2018年01月18日

カメラ向けたらこんなに笑顔💕 癒されます(๑˃̵ᴗ˂̵)

ライターアイコンぷりんまま

2018年01月18日

旦那さんの実家でお正月(*`・ω・)ゞ 旦那がブラジル🇧🇷出身だから正月ゎおせちでゎない笑笑 お肉ざ...

ライターアイコンぷりんまま

2018年01月18日