2018年06月13日

私が里帰りしているからってその発想は許せない!

わが家は毎日ヘンテコマイッ!! 19変目
【長男出産後〜新生児期に実際にあったお話】

画像
画像
画像

長男を産んだあと私は長男を連れて自分の実家へ里帰りし、旦那は仕事があった為その頃住んでいたアパートに残っていました。

はじめての子育てで右も左も分からなくて、想像していた『ニコニコ笑顔と幸せいっぱいの子育て』とは程遠い子育て生活を送っている時、ふと陣痛中に言っていた旦那の一言が気になったんです。

画像

遡ること数日前。
出産直前の陣痛が激しく背中をさすってもらわないと辛い時のこと。

陣痛で苦しむ私の横で旦那が携帯をいじっていました。
マッサージなどのサポートはしてくれるものの暇な時があれば携帯をポチポチ…

家族に連絡にしては長すぎるし、「身内が来るよ」といった話を私にするわけでもなく、ただひたすら無言で携帯を操作しており、何をしているのか聞いてみたら…

画像

なんと、私の知らないところでとあるアーティストのライブチケットの応募をしていたらしく、その当選発表を確認していたんです。

旦那と私はそのアーティストが好きで一緒にライブに行く程だったので、旦那の『ライブチケットが当たっているかが気になる!』という気持ちは分からなくはなく(それでもだいぶ非常識ですけどね(笑))

その時は少しイラっと来るくらいで怒り狂うというほどではありませんでしたが、

「実家に帰るんでしょ?だったらいいやん」

この言葉が気になって仕方がなかったんです。

画像
画像
画像

『遠くにいる自分は関係ない。だから好きなことをして楽しむよ』と思っているとしか考えられない発言と考えがとにかく許せませんでした。

はじめての子育ては予想以上に大変で…そばにいられなくても気持ちだけでも寄り添ってほしい時期。それなのに里帰りしてるからって自分だけ楽しもうだなんて…!

その時は本当にはらわたが煮えくり返る思いでした。
あの思いは今でも忘れません。

しかし、二人目以降は一人目で経験を積んだということもあって余裕も出てきたので、

「行ってもいいけど、もし私がいつか息抜きしたいなって思ったときはちゃんと子どもたちのこと見ててね!あと、お土産よろしく!」

と、言えるようにまでなりました(笑)

パパも息抜きしたい時があると思うけど、ママが悩み葛藤することが多い一人目子育ての時期はママと赤ちゃんに寄り添ってほしいものですね。

次回は、【旦那よ!抱っこを恐れるな!】です。

今日も子育てお疲れ様です。
共にがんばっていきましょう!

↓わが家は毎日ヘンテコマイッ!!をもっと読む↓

前回:実際にあったお話、始まります!こねこねこさんのInstagramはこちら♡

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

子育てサイトモープンをフォローする

  • Line
  • Fb

関連タグ

関連記事