2018年07月15日

いつか笑い話になって欲しい!子育て中の失敗エピソード

毎日育児をしていると、子どもに追われているせいか、はたまた疲れているせいか、次々に失敗が襲ってきませんか?私はまだまだ失敗エピソードを日々更新中ですが、いつかこの思い出が全て笑い話になる日が来るのを待っています。でも…それっていつなんだろう(汗)

もう病院に行き辛い…これで何回目?

画像

二人目の出産に備え、長女を連れて実家へ里帰りした私。

無事に出産を終え、退院して実家へ戻ると、生まれたばかりの次女との生活に皆でドタバタしていました。

そんなある日、長女が突然「痛い~」と泣き出しました。

ただ布団でゴロゴロしていただけなのに、なんで痛がってるの?もしかして赤ちゃん返りの一種?

なんて思ったんですが、腕を持ち上げようとすると激しく痛がる…

どうやらゴロゴロしている間に右腕を痛めた模様。

ちょうど両親が不在だったので、生後間もない次女も連れて、急いで近くの整形外科で診てもらうと「肘内障」と診断され、先生が一瞬でポキッと治してくれました。

さらに先生は「肘内障はクセになることもあるから気を付けてね、それにしても赤ちゃんもいて大変だね~」などと色々優しく話してくれました。

こうして無事に帰宅し、こんなこともあるんだね~なんて話しながら過ごした翌朝。

歯磨きを嫌がって寝転びながら逃げる長女を膝に乗せようと腕をひっぱった瞬間、「コリッ」と嫌な感触。その数秒後、「痛ぁ~い」と泣く長女。

あ~やってしまったー!と再度整形外科へ。

先生が「あれ、昨日の治ってなかった?」と聞くので、事情を説明。「気を付けなきゃダメだよ~」と言いながら診てもらい、やはり肘内障とのことで、またポキッと治してもらいました。

昨日の今日で疲れ果てた私。

ママ気を付けるね、と長女と話しながら過ごしました。

そして2日後。

「痛ぁ~い…」

布団でゴロゴロしていた長女、今度はどうやら左腕を痛めた模様。あれほど腕を下にしたまま、寝転がらないように言ったのに!

もう整形外科に行き辛くてたまりませんでしたが、長女が痛がっている以上行くしかなく…先生も看護師さんも苦笑いでした。

この時が里帰り中でよかったと心底思っています。もしこれが、自分の家近くの整形外科だったら、もう今後行き辛くてたまりませんから(笑)

スーパーで買い物中、突然ガッシャーン!

スーパーに子ども二人を連れて買い物に行った時の話です。

次女が1歳になったばかりのその頃は、スーパーにあるベビー用のカートに乗ることをいつも嫌がっていたので、抱っこ紐でおんぶをしながらの買い物が定着していました。

そして3歳の長女は、子ども用のカートに乗りはするものの、商品に手を伸ばそうとすることも多く、常に目を光らせる必要がありました。

子どものお陰でゆっくり考えながら買い物をすることもできない時期でした。

そんなある日、スーパーに行くと偶然にも特売日で店内が激込み!

やっとの思いでレジに向かうも、すごい行列。人混みに疲れた長女を励ましながら、私も行列の最後尾に並びました。

しかし困ったことに、私が並んだところは、お酒売り場の通路。

長女がすぐ酒瓶に手を伸ばそうとするので、私は絶対に触らせまいと必死に防いでいました。

そうして上の子との必死の攻防の最中、突然背中でガッシャーン!とすごい音が。

振り返ると、私の足元には、割れて粉々になった日本酒の瓶と中身のお酒…

犯人はすぐに分かりました。おんぶをしていた次女です。

私が長女と必死に戦っている間に、次女の目の高さにあった、小さめサイズの日本酒を手に取り、そのまま落としたんでしょう。

あの時の、周囲の「あ~やっちゃったよ」という冷たい視線が今でも忘れられません。

しかし、店員さんがものすごく優しく対応してくれて、今思い出しても泣ける思い出です(涙)

子どもといる時間は失敗エピソードの宝庫

画像

毎日子どもと私で何かしらやらかしているので、帰宅した夫に話す内容も失敗エピソードが多いような気がします。

「次女がお風呂のお湯を全部抜いたよ」
「長女が万札をハサミで切ったよ」
「間違えてテープ式のおむつ買っちゃった…」
「子どもと喧嘩しながら夕飯作ってたからハンバーグ丸焦げです」

などなど。

この失敗の数々、あまり向き合いたくはありませんが、育児を頑張っている証と思えば、少しは楽になるかもしれませんね!

◆関連記事◆
育児の失敗あるある5選。風邪がうつってもベランダに締め出されても母はくじけない!

◆関連記事◆
「2人目育児あるある」11連発!きょうだいママは、みんな…?!

子育てサイトモープンをフォローする

  • Line
  • Fb

関連タグ

関連記事