前のページへ

2017年07月21日

職場への妊娠報告はいつが良い?同性だからこその配慮が大事!

妊娠を職場に伝えるタイミングって難しいですよね。私は女性が多い職場だったので、タイミングや報告の仕方にも気を配りました。産休に入るまで、お互いが気持ちよく仕事ができるよう、スマートな妊娠報告の仕方を考えてみてはいかがでしょうか?

妊娠初期の報告は上司と同期だけに

画像

私の仕事はデスクワークだったので、当初は安定期に入るまで誰にも言わないつもりでした。ですが、妊娠初期からつわりが始まり、体調不良を起こすことがあったため、直属の上司には報告しました。

何があるか分からないので、安定期までは伏せておいてほしいという私の希望を快く聞いてもらえて、とても助かりました。

また、体調によって休んでしまうことも想定されたので、仕事のフォローをお願いするために同期にも報告しました。

同期の一人が先輩ママだったため、つわりのことなど親身になって考えてもらえたのは恵まれた環境だったと思います。

部署への報告は安定期に入ってから

部署へ報告したのは、妊娠5ヶ月に入ってから。見る人が見れば、おなかのふくらみが分かる時期でした。同僚から「ずっと具合悪そうだったから、もしかしたら…と思ってた」と言われ、口に出さずに気にかけてくれていたんだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

自分が妊婦になって気づいたのですが、「妊娠してる?」と尋ねられるのはよほど親しい関係の人だけですよね。勘違いだったら不快なおもいをさせてしまう可能性だってあります。

そういう意味では、反対の立場になったら「報告を待つ」ことも大切かも知れませんね。

出産予定日を報告したことで、産休に入るまでの引き継ぎスケジュールを部署全体で検討するなど、温かくフォローしてもらえました。

ちなみに、友人の職場は体を動かす仕事だったため「妊娠判定が出たらすぐ職場に報告」がルールだったそうです。

お仕事の内容や働き方によって、報告のタイミングを考えると良いかも知れませんね。

報告後も「はしゃがない」がエチケット

報告したことで、他部署の方から「おめでとう」「おなかが目立ってきたね」と声をかけられることも増えました。嬉しい気持ちはありましたが、職場でむやみにはしゃぐのはNGかな、と思います。

特に女性が多い職場では、様々な事情を抱えた方がいらっしゃいますよね。「妊娠しているの!嬉しい!」と言うことで、もしかしたら傷つく方がいるかもしれません。同性だからこそ、周りに配慮した対応が必要ではないでしょうか?

報告する側もされる側も思いやりをもとう!

気をつかわれたくないから、職場への妊娠報告に抵抗があるという方も少なからずいらっしゃるようです。ですが、妊娠を知らずに残業を頼んでしまった、重いものを持たせてしまったなど、「報告してもらえれば配慮できたのに」という声もあるのが事実です。

妊娠報告をする側は、無理のない範囲で仕事をがんばる。報告された側は、妊婦さんに負担がかかりすぎないようにフォローするといった思いやりの気持ちをもてば、産休までのお仕事をスムーズにこなせるのではないでしょうか?

私は産休明けに、何人かの同僚の妊娠報告を受けました。自分がしてもらって助かったことを思い出してフォローし合えた経験は、同僚としてだけでなく、その後のママ友としての関係を深めることにもつながりました。

ぜひ、真摯な気持ちで周りに報告してくださいね。

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

関連タグ

関連記事

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう