前のページへ

2017年06月09日

【時期別楽チン離乳食のポイントはコレ】手作りなのにとっても簡単で娘も大満足♡

一般的に生後5~6ヶ月頃から始まる離乳食。初期、中期は硬さや形など気をつけなければいけないことも多いし、始めたらやめられないしとドキドキしながら最初の一口を食べさせました。元々面倒くさがりな私。毎食1から手作りをする自信がなかった私がやっていた離乳食の作り置きとよく作っていた楽チンメニューをご紹介♪

我が子のためだけど面倒くさい!まとめて冷凍保存で楽チン離乳食作り☆

画像

子どもの頃から面倒くさがりだった私。

我が子が生まれ、いざ離乳食作りが始まると、「なんとか楽をできないか・・・」なんて思ってしまうのです。

育児雑誌などでも紹介されている、蓋付の製氷皿のようなもの、もちろん使いました。

使いましたが、もう一工夫!

●製氷するときは『素材ごと』に

ひとつのメニューを何回分かに分けて製氷するのもアリですが、私は素材ごとに製氷しました。

おかゆはおかゆのみ。野菜はまとめてひとつの鍋で茹でてからその時期に合わせた形に切って、人参なら人参のみ、ジャガイモならジャガイモのみで製氷します。

この時のポイントがつぶさずに固形で製氷すること。形を残したければそのまま使えるし、つぶしたければ解凍してからつぶすことも可能で、様々な使い方ができます。

●野菜の茹で汁はおいしいスープに変身

ベビーフードの野菜スープと飲み比べたらもう比較できないほどの味の違いにビックリ!
このスープも余すとこなく冷凍しちゃいます。

これらをその日のメニューに合わせて解凍し、組み合わせて離乳食を作ります。
まとめて下ごしらえする日は大変ですが、その他の日はとても楽チンです♪

娘大好きメニュー☆初期編

☆初期メニュー☆

『ジャガ人参』

初期メニューの定番食材、ジャガイモと人参を茹でてつぶしたものを混ぜただけの簡単メニュー。簡単だけど、娘は大好きでよく食べました。そのせいか、現在4歳ですが、芋娘だし人参は生でバリバリいけちゃいます。

『ジャガ人参ポタージュ』

先ほどのジャガ人参に野菜スープを少し混ぜて伸ばしたもの。ジャガイモのぽそぽそ感もなくなり食べやすかったようです。

娘大好きメニュー☆中期編

☆中期メニュー☆

(量はお子さんの食べる量に合わせて増減させてください)

『トマトミルクがゆ』
・7倍がゆ  60グラム
・トマトペースト  小さじ1
・ミルク  大さじ1

トマトだけを食べさせたら酸味が嫌だったのか、漫画のように「うぇ~」と吐き出されてしまい、どうしようと悩んで作ってみたメニュー。ミルクの甘さがトマトの酸味を中和してくれ、これならトマトも食べてくれました。

『しらすがゆ』
・7倍がゆ  50グラム
・しらす  大さじ1

しらすは耐熱容器にお湯と一緒に入れレンジでチン。
茶漉しやザルにあけ、塩抜きをします。しらすはやわらかく癖もないので、とても気に入って食べてくれました。

娘大好きメニュー☆後期編

☆後期メニュー☆

『お好み焼き』

後期になればほぼ大人と同じようなものが食べられるようになってきます。出かけることが多かった娘。手づかみ食べも大好きだったので、お好み焼きは『お弁当』的なものを作らなきゃいけないときに重宝しました。

野菜やツナなど、なんでも入れてタネを作って焼くだけ。オススメです!

『赤ちゃんカレー』

まだカレールーを使うには抵抗がある月齢。
お料理サイトで見つけた「ケチャップとソースを1:1で混ぜるだけでカレーのような味に」というレシピを見て作りました。

見た目はほぼカレー。味は・・・多少違いますが(^^;)それでも、その後カレールーへと自然と移行できました。

『野菜スティック』

茹でた人参や大根を5mm~1cm角くらいのスティック状にするだけなので料理とも言えませんが、手づかみ食べ大好きな時期に便利でした。

ちょっとの工夫で楽においしく☆

離乳食作りにだけ1日の時間を使えたら凝ったメニュー作ってあげたいけど、その他にもママはやることが毎日山積み。そこだけに時間をかけるわけにもいかないのが現実です。

でもやっぱり、我が子には「おいしい~」と言ってもらえるようなご飯を作ってあげたいですよね。少しの工夫でママはいくらでも楽できます。これは手抜きではありません!!!

赤ちゃんのお気に入りメニューができて、赤ちゃんから『おいち~』のサインがもらえたら、ママはもう嬉しくてたまらなくなりますね☆

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう

関連タグ

関連記事

「こどもと暮らす毎日」をもっと楽しくするアプリ

アプリでMoopenをフル活用!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう